【土木施工管理技士の年収】資格・年齢・役職の違いで比較!

土木施工管理技士について気になっている方は、「土木施工管理技士になったらどのくらい稼げるんだろう?」と、給料や年収についても知りたいと思っているのではないでしょうか。今回は、当サイトの施工管理求人.comに掲載された求人情報やネットでの口コミなどをもとに、土木施工管理技士の給料や年収について様々な視点から調査してみました。ぜひご覧になってみてください。



目次


1.土木施工管理技士の年収のボリュームゾーンは300万円~500万円


2.『年齢』で比較したときの年収の差


3.『役職や肩書きの違い』で比較したときの年収の差


4.土木施工管理技士として働き、年収をアップさせるには…


5.土木施工管理技士の将来性


 

1.土木施工管理技士の年収のボリュームゾーンは300万円~500万円

この記事を書くに当たり、当サイトの施工管理求人.comに掲載された求人情報や、ネットでの口コミなどをもとにして調査したところ、土木施工管理技士の年収のボリュームゾーンは、300万円~500万円程度であるという事が分かりました。もちろん、年齢層や勤続年数、会社の規模や仕事内容によって年収は変わってくるので一概にいうことはできませんが、おおよその目安として考えられるでしょう。


施工管理の仕事は経験が大事』と現場ではよく言われますが、年収にはこの、『経験値』が大きく関わっています。また、資格を持っているか・いないかでも年収は違ってくるでしょう。例えば、1級土木施工管理技士の資格を持っていると、現場責任者である『監理技術者』になる事が出来ます。2級よりも1級の方ができる仕事の幅が広いので、給料や手当などで評価されやすくなると考えられます。土木施工管理技士の資格を持った方に年収についてお話を伺った際は、こんなコメントを頂きました。


資格を持っているに越したことは無いが、施工管理職が現場で重視されるのは、やっぱり実務経験。難しい仕事だけれど、やっていけばいくほど、会社や仲間からの信頼も、給料も上がっていくと思います。たとえ同じ資格を持っていたとしても、出来る奴はそれなりに稼いでるし、出来ない奴は給料あまりも上がらないんじゃないかな。経験年数次第では500万円~600万円、700万円の年収も夢じゃない仕事だと思いますよ。


やはり給料や年収をアップさせるには、経験を積むことが一番だと言えそうですね。


下記に、施工管理求人.comに掲載された求人の給与情報などをまとめてみましたので、是非ご覧になってみてください。

■ 1級土木施工管理技士の給与例
都道府県 : 熊本
仕事内容 : 下水道・公共工事の施工管理
給  料 : 1級土木施工管理技士 34万円~36万円+手当
年  収 : 408万円~432万円+手当+賞与等


■ 1級土木施工管理技士の給与例
都道府県 : 東京
仕事内容 : 一般土木工事の施工管理
給  料 : 1級土木施工管理技士 30万円~50万円+35,000円(1級土木施工管理技士の資格手当)
年  収 : 402万円~642万円+賞与等


■ 1級土木施工管理技士の給与例
都道府県 : 熊本
仕事内容 : 道路舗装・下水道工事などの施工管理
給  料 : 1級土木施工管理技士 28万円~35万円+手当
年  収 : 336万円~420万円+手当+賞与等



2級土木施工管理技士の給与例
都道府県 : 東京
仕事内容 : 一般土木工事の施工管理
給  料 : 30万円~50万円+20,000円(2級土木施工管理技士の資格手当)
年  収 : 384万円~624万円+賞与等


2級土木施工管理技士の給与例
都道府県 : 愛知
仕事内容 : 橋梁の耐震補強工事などの施工管理
給  料 : 35万円~60万円+手当
年  収 : 420万円~720万円+手当+賞与等


 

2. 『年齢』で比較したときの年収の差

年齢別で年収を比較したときはどれくらいの差が出るのでしょうか。今回は土木施工管理技士の仕事に携わる、20代(18名)・30代(15名)・40代(13名)・50代(8名)の年収を調査してみました。また、国税庁が発表している、【平成29年度 年齢別階層別の平均給与】もご用意しましたのでぜひ見比べてみてください。


◆ 20代の平均年収
土木施工管理技士 : 平均382万円
20歳~24歳 年収 : 平均262万円   ※ 男性 : 279万円/女性 : 243万円
25歳~29歳 年収 : 平均361万円   ※ 男性 : 393万円/女性 : 318万円


◆ 30代の平均年収
土木施工管理技士 : 平均423万円
30歳~34歳 年収 : 平均407万円   ※男性 : 461万円/女性 : 315万円
35歳~39歳 年収 : 平均442万円   ※男性 : 517万円/女性 :313万円


◆ 40代の平均年収
土木施工管理技士 : 平均492万円
40歳~44歳 年収 : 平均468万円   ※男性 : 569万円/女性 : 308万円
45歳~49歳 年収 : 平均496万円   ※男性 : 630万円/女性 : 310万円


◆ 50代の平均年収
土木施工管理技士 : 平均737万円
50歳~54歳 年収 : 平均519万円   ※男性 : 677万円/女性 : 302万円
55歳~59歳 年収 : 平均516万円   ※男性 : 669万円/女性 : 298万円



下記は、施工管理求人.comが調査した、土木施工管理技士の平均年収をまとめたグラフです。


グラフを見ると、年齢が上がるにつれて平均年収の額もアップしていることが分かると思います。特に50代の土木施工管理技士の平均年収は737万円で、一般の50代の平均年収と比較すると結構な差が見られますよね。


また下記のグラフもご覧になってみてください。グラフは国税庁が発表した、【平成29年度の民間給与実態調査】による結果をまとめたものです。 勤続年数が増えていくにつれて、どんどん年収も上がっていることが分かります。


やはり『長く勤めて経験を積むこと』が給料アップへの近道だと言えるでしょう。

 

3. 『役職や肩書きの違い』で比較したときの年収の差

役職や肩書きの違いで年収を比較したときはどうでしょうか。仕事の責任の大きさや出来る範囲などによっても年収は変わります。今回、調査した情報を例にして比較してみると、下記のような結果になりました。

◎ 見習い(無資格・未経験) : 250万円~300万円程度
◎ 一般社員(2級土木施工管理技士の資格所有)、主任技術者 : 300万円~400万円程度
◎ 一般社員(1級土木施工管理技士の資格所有)、監理技術者 : 400万円以上
◎ 所長・課長・部長などの管理職 : 500万円以上


調査した中では、50代~60代の課長・部長クラスの方で、年収1,000万円~1,200万円という方もいました。

その方からは…

わたしも若いときから土木の業界にいますが、30代の頃は年収が250万円程度しか貰えないという時代もありました。先輩に怒鳴られることもしょっちゅうあって、何度も何度も辞めたいと考えていましたよ。でもこの仕事は、土木好きにはたまらないです。キツイと感じることはたくさんあるけれど、お金の心配はいらないし、仕事が無くなることもありません。この業界に入ったら、きっと、どんな人でも経験を積まなきゃいけない「下積み時代」ってあると思います。そこを乗り越えれば、だんだん収入も増えてくると思いますよ!あとは入る会社次第!

というようなコメントを頂いております。やはり高収入を得るためには、努力して経験を積まなければいけないということですね。

 

4. 土木施工管理技士として働き、年収をアップさせるには…

これまで、1~4のもくじでは、年収の金額について大きく触れてきましたね。 それを踏まえて続いては、土木施工管理技士として年収を上げていくには、具体的に何が出来るのかを考えてみましょう。


【1】現場でひたすら経験を積む
今回この記事を書くにあたって、土木施工管理技士の資格を持っている方数名にお話を伺ったところ、皆さん口をそろえて『経験が大事』とおっしゃっていました。現場や職人さんをまとめるためには知識や技術が必要で、資格を取るにも実務経験が必須になります。2級土木施工管理技士を取るためには最大で8年以上1級土木施工管理技士を取るためには最大15年以上の実務経験が必要です。経験を積めば現場で働く職人さんからの信頼や会社からの評価も上がり、給与もアップしやすくなるかもしれませんね!

※土木施工管理技士の受験資格について詳しく知りたい方は、
土木施工管理技士の受験資格についてまとめた記事もご覧ください。


【2】資格を取ってスキルアップをめざす
繰り返しになりますが、経験を積んで資格を取れば給料が上がる可能性は高くなります。2級土木施工管理技士の資格があれば『主任技術者』1級土木施工管理技士があれば『監理技術者』として働くことが出来るので、会社によっては役職手当資格手当を支給するところもあるでしょう。手当が付けば毎月の給料も当然増えるので、年収アップが見込めます。


【3】資格や経験を活かして、大規模工事が出来る会社に転職する
「資格や経験を活かしてもう少し年収を上げたい」という方は、ゼネコンの会社などが扱う大規模工事に携われるような会社へ転職する事も1つの手段だと思います。より大きな会社に即戦力として採用されれば、年収アップは期待できると言えるでしょう。


 

5. 土木施工管理技士の将来性

東京都心などでは、2020年に控えた東京オリンピックのために、急ピッチで工事を行っている現場もたくさんあると思います。また、地震や台風など、度重なる自然災害の影響を受けている地方でも、造成工事や復興工事がいろいろな場所で行われています。そんな工事現場で、必要とされているのが土木施工管理技士です。しかし実際の現場では、人手は不足している状態で、なり手となる人が求められています。


土木施工管理技士の資格は国家資格で、取得するには実務経験が必要です。「今すぐ取れる資格」というわけではありませんが、現場で経験を積んだのちに資格を取れば、活躍できるフィールドは大きいと言えるでしょう。下記のグラフをご覧になってみてください。



このグラフは国税庁が毎年発表している【民間給与実態統計調査 業種別の平均給与】の、建設業の平均給与をまとめたグラフです。平成25年~平成29年までの5年間の推移で、微量ではありますが、年々給与水準が増えていることが分かります。この情報は、建設業界で働く方にとってはとても嬉しいニュースなのではないでしょうか!?建設工事がある限り、土木施工管理技士の需要は無くならないと思うので、今後も建設業界の給与水準の伸びが期待できそうです。


まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。今回は土木施工管理技士の給料や年収についてお伝えしてきました。やはり給料や年収アップを目指すためには、現場で経験を積んだり、資格を取ったりと、努力することが必ず必要になりそうですね。ぜひこの記事で読んだ情報があなたのお役に立てることを願っています。



最近更新の記事
【1級土木施工管理技士】試験の合格率と難易度を比較!
【2級土木施工管理技士】合格率と難易度、合格に1歩近づく勉強方法
【土木施工管理技士の受験資格】申し込み前に確認しましょう!
【土木施工管理技士の年収】資格・年齢・役職の違いで比較!
【建築士の仕事】仕事内容、やりがい、大変さ、将来性は?